インタビュー
INTERVIEW
インタビュー

技術部 坪谷 雄大 (中途/入社4年目/未経験start)

2020-09-07

 

SALTOに入社する前はどのような仕事をされていましたか。

いろんな職種を転々としてました。
直近前職は運送業、その前はバイク屋さんでした。

 
転職のきっかけやSALTOに入社を決めた理由は?
もともと前職が運送業ってこともあってそれまでパソコンの知識も無くて、プログラミングとか全然わからなかったんですよ。
でもVRのイベントに参加して、興味が湧いたんです。
まだまだ出たばっかりで、ソフトとかも全然無くてだったら自分でも作ろうと思って勉強し始めました。
でもあまり流行らなくて、仕事にするの難しいなって思ったんです。
ですが勉強していく過程でプログラミングって面白いって思ったんです。
そこでプログラマになろうと思って説明会に参加したんですが、すでに20代後半で未経験だったのであんまりいい印象持たれなかったんです。
そんな中で社長と出会って、説明会後に面接してもらえて内定をいただきました。
自分でも未経験の30代に差し掛かる人物入れてもメリット無いだろうなと思っていたので、諦めかけていたんですが、それでも入社させていただけましたのでSALTOで大きく貢献できる人物になろうと思い入社させていただきました。
 
入社後のギャップはありますか。また、入社して良かったと思う事を教えて下さい。
入社前までは、エンジニアってものすごく頭が良くてストイックな感じに仕事に取り組むみたいな印象で砕けたところなんてないのかな?と思ってたんですが、実際多くのエンジニアに会って、いい意味で裏切られました。
寝る暇なく仕事してるみたいな印象もありましたが、そんなことなかったです。
私はバイク屋で修理とかもしていた経験がありまして、当時は職人気質な方もいて結構厳しかったんです。
エンジニアも同じように職人気質な方ばかりかと思っていたんですが、聞いたことはちゃんと教えてもらえるし、フォローもしてもらえて、温厚な人が多くいらっしゃいました。
まだまだ自分に至らない点が多いですが、支えていただけているなと日々感じております。
 
実際入社をし、現在の仕事内容についてお聞かせ下さい。また、今担当されている仕事をどう感じていますか。
自社サービスの何でも屋さんやってます。
ほかにも社内インフラの整備や、別案件に一時的に従事することもあります。
多くの業務をすることで多くの経験を得れる現在の環境は自分が求めたものでもありますので、とてもやりがいを感じています。
 

 

一緒に働く仲間やそのチームワークはどうですか。
正直、若手社員が多く、知識も技術も、その他まだまだ足りないものが多いと思います。
だからこそ、今後の課題としてみんなで協力し、SALTOの技術レベルは高いと思わせられるようなチームに、または技術者になりたいと思います。
 
仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
何かに囚われすぎないようにすることです。
例えばニュースとかで片方の意見だけ聞いて強く惹かれたとしても他方のニュース記事を読まないなんてことをしないということです。
プログラムは多数の正解がありますが、最適解は少ないです。
そんな中で、自分がいいと思ったものだけでなく、他人の意見を聞いたり特定の手法に絶対的な信頼をしないことで、柔軟に意識や対応をできるよう気を付けています。
 
仕事のモチベーションは何ですか。
うまくいった作業とか、すごく考えて作ったシステムを自慢することですね(笑)
結構みんな褒めてくれますし、私もメンバーから「ここ頑張った」ってところ見てよくできてたら褒めますし、認めてもらえたらまた頑張って考えて作ろうって思います。
みんな暗黙的に頑張ったことに対して褒めるっていうのが定着してるってのもあるかもです。
 

SALTOに入社して、驚かれたことはありますか。

社内の風通しがすごくいいことですね。
前職までは、入社したばかりの人ってあんまり意見言っても反映されないと思ってたんですが、結構頻繁に「どう思う?」って聞かれるんですよ。
そこで自分の意見を言って、それが良かったらすぐ役員とかに伝わるんですよね。
というよりも、SALTOは直接社長が社員たちから意見を聞いてくれるため、メンバーの意見が通りやすいです。
私自身プログラミングがやりたい、開発がしたいって言ってきたんですが最初は別の業務してたんです。
自分自身のスキルやタイミングなどによる業務もあるため直ぐにやりたいことをというわけにはいきませんが、ちゃんと個々のスキル向上を考えてくれ、今では開発の業務に従事させていただいてます。

 

こういった物を作ってみたいや手掛けてみたいと考えていることを教えて下さい。

具体的に何かというのはないのですが、誰かに感謝されたり、大きく役に立つサービスを作っていけたらと思います。
その過程で自分も大きく成長できるような作業だと尚いいですね。

 

SALTOの仲間にはどのような方が必要ですか。

企業理念にある通り、自身の成長、飛躍を念頭に、挑戦することを恐れないメンバーだと思います。
自分がそうなんですが、新しいことに挑戦するのって何というか、勇気というか、大きなパワーが必要なんです。
なので、そんな力を持った方が入って、率先して行動されたりすると、自分も見習おうとか、パワーを分けてもらってお互い高めあっていけたらなんて思っています。
 




 

他のインタビュー

PAGE TOP