インタビュー
INTERVIEW
インタビュー

営業部 佐々木 誠 (中途/入社4年目/未経験start)

2020-09-07

 

SALTOに入社する前はどのような仕事をされていましたか。

飲食業で社員をしていました。
ラーメンを茹でながらお客様とアルバイトの子達と会話している毎日でしたね。
その後、SALTO入社直前には某アミューズメント施設にてキャストをしていました。
こちらも人と多く関わる仕事でしたので、やはり自分は人と関わるのが好きだとこの時再認識しました。

 
転職のきっかけやSALTOに入社を決めた理由は?
転職のきっかけは、お客様とより深く関わって力になりたいと感じたところからですね。
飲食業の時は回転率が重要だったので、お客様と接する時間が基本的には短くて、少しもやもやしてました。
そのため、営業職に絞って業界はこだわらずに転職活動をしていました。
何社か面接を受けている中で、面接官(当時私は代表と営業部長に面接してもらいました)から一番この会社面白そうだなと感じたからですね。
 
入社後のギャップはありますか。また、入社して良かったと思う事を教えて下さい。
ギャップはメールの量とスピード感ですかね。
仕事の内容などはイメージしていたのでギャップはなかったのですが、メールの量が多くて一日数百から何千通捌いていく必要があったので、はじめはメール処理だけでかなり時間を費やしてしまっていましたね。
あとはITという業界柄なのか新しい技術がどんどん出てくるので、こんなにも初耳の単語が出てくるか。と、こちらは良いギャップですかね。
今では新しい単語を知るのは新鮮です。
 
実際入社をし、現在の仕事内容についてお聞かせ下さい。
お客様と課題解決をする仕事で、いわゆる営業職です。
営業商材としては無形商材にあたるので、予想外の問題も勿論発生します。
ただ、それらを自身がフロントに立っているからこそ解決出来た時はすごく達成感がありますね。
 

 

一緒に働くひとたちについてどう思うか。
脚色なしで最高だと感じています。
本気で仕事に取り組んで本気で遊ぶメリハリがあって、言わなければならない事はきちんと伝えられる家族のような存在ですね。
 
今後やっていきたいことや挑戦したいことはありますか。
新しい事には常にチャレンジしていきたいですね。
今まではメンバーとしての役割が多かったですが、今後は組織を大きくする為にもマネジメントの勉強は必須だと思っています。
新しいサービスも立ち上がってるのでそちら側にもどんどん絡んでいきたいですね。
 
仕事のモチベーションは何ですか。
給料ですね。
淡白な回答なのですが、小さい頃から祖母と2人で暮らしているので、家を建てたいなと思っていて、それがモチベーションになっています。
 

SALTOに入社して、驚かれたことはありますか。

向上心が高い方が多いですね。
一緒に仕事をしていてこんなに楽しいと思えるのは初めての体験です。

 

SALTOの仲間にはどのような方が必要ですか。

自分が熱中するものならとことんやれる人ですかね。
自身の目標に対して貪欲に道を切り開いていける人ならすぐ打ち解けられると思います。
私は熱量を大切にしてるので、すごく気が合うと思います。
もしくは、仕組みを作ることが得意な方ですね。
まだまだベンチャーで整備されてない部分や属人的な部分も多いので、そういった面が得意な方だと心強いですね。
是非一緒に楽しく働ける人お待ちしてます。

 

他のインタビュー

PAGE TOP