Event Detail

なぜSALTOは経営会議で社員の誕生日を祝うのか

2021-02-02 Salto JP
なぜSALTOは経営会議で社員の誕生日を祝うのか

新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!!

 

 

 

SALTOのイベント担当、おおくまです!

 


前回の投稿でご紹介した、帰社日について
今回はもう少し掘り下げてお話ししたいと思います

 

 

 

SALTOは、全社員が一緒になって会社を創る・盛り上げることを大切にしています

 

そうした考えから、
各事業・プロジェクトの近況報告や、意見交換をする「経営会議」には

 

 

 

全社員が参加しています

 


帰社日のおよそ1時間半~2時間、一般的な会議よりも長めですが
参加する社員の表情は真剣そのもの

 

私含め、普段は外の現場で働いているエンジニアにとって

 

会社の売り上げや、今後の成長戦略、社員が出した数々の成果について知り

 

刺激を受け、意見を発信できる貴重な時間なのです

 

とはいえ、真面目な話ばっかりしているわけではありません!

 

例えば、「バースデーコンテンツ」なるものがあります(勝手に命名)

 


誕生月の社員を1人ひとり紹介し、その人の仕事内容や、好きなこと
そして新たな1年へ向けた抱負を語っていただきます

 


Zoomのチャット機能を使った、全社員からのおめでとうの嵐はなかなか味わえるものではありません!!

 


そんな話をしている私自身も1月生まれなので、今月は皆さんにお祝いしていただきました
とっても幸せな気持ちになりました

 

 

 

 

 

 

さて、ここからが本題です

 

 

 

なぜSALTOは経営会議で社員の誕生日を祝うのか?

 

 

 

子供のころは誕生日パーティーをして、プレゼントをもらっていた人も
大人になったら、自分がもうすぐ誕生日だなんて恥ずかしくて言えない

 

その日が来ても、普段通りに過ごしてしまう

 

 

 

 

なんていう社会人は多いのではないでしょうか

 

しかし本来、誕生日というものは

 

誕生日の人から周りの人に対し

 

 

 

「ここまで育ててくれてありがとう」

 

 

 

と、感謝の気持ちを伝える日だと思っています

 


SALTOの行動指針の1つに

 

 

 

「感謝 ~感謝の気持ちを忘れない~」というものがあります

 


我々が何十年と生きて、このSALTOに集まって仕事ができているのは
数えきれないほど多くの人の支えがあってこそです

 

帰社日経営会議のバースデーコンテンツは

 

そうした人たちに感謝の気持ちを伝え

 

また1年、一生懸命生きることを決意する場として

 

今後も在り続けたいと考えております

 


と、いうことで

 


この1年も、沢山働いて、めいっぱい楽しんで、ガンガンSALTOを盛り上げていきたいと思います!!

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 


↓恒例のオンライン懇親会です☆

 

他のイベント

PAGE TOP