ブログ詳細

セカジーの魅力?

2022-08-31 Salto JP
セカジーの魅力?

みなさんはモンスターハンターというゲームをご存じでしょうか?



 



モンスターハンターシリーズの中でも、2008年にPSPで発売されたシリーズ6作目である「モンスターハンターポータブル2ndG」、略して ”セカジー” は僕が1000時間以上取り組んだゲームです。



 



そんな僕が小・中・高校生の記憶を辿って、セカジーの僕的に萎えることを紹介します。



いきなりですが、簡単に3位から1位までランキング形式で紹介します。



(モンハン知らない人はすみません.....)



 



 



 



 



3位 【ガノトトスの尻尾】



 



ガノトトスの尻尾の判定は、バグと疑うほどオワッテいます。



初めて戦うとその判定のガバさに驚愕している間に、テントで寝ています。



しかし、ガノトトスはなぜか個人的に好きなことから、萎えポイントが抑えられ、3位に落ち着きました。



 



 



 



2位 【G★1 ヒプノック二連撃!】



 



G級あがりたての緊クエです。



上位の防具でヒプノック2頭に挑まされるので、こちらの被ダメは大きく、相手のHPは削りにくいので非常に萎えます。



そもそも、ヒプノック自体が眠らせてくるので、萎えポイントは高く、それを2頭同時に相手することから堂々の2位となりました。



 



 



 



1位 【ドスランポス】



 



やはりこいつでした。



メインの大型モンスターと勝負している最中のドスランポスはもう格別です。



いつも、ここぞという良いところで攻撃してきます。



サブモンスターだから倒さなくていいかと毎回思って、毎回攻撃されます。



ドスイーオス、ドスゲネポス、ドスギアノスは論外です。



顔・大きさ・形・行動・態度すべてで個人的に萎えポイントがカンストしてるので、ぶっちぎり1位です。



 



 



 



以上となります。



書き終わって気づきましたが、萎えポイントという謎の指数で評価していました。



 



 



最後に「萎えること」と紹介してしまいましたが、これもセカジーの数ある魅力のうちの一つであり、とてつもなく面白いゲームに仕上がっています。



 



やったことない人はぜひやってみてください!!



この記事のことが体感できます!

他のブログ

PAGE TOP