ブログ詳細

包丁四方山話

2022-02-09 Salto JP
包丁四方山話

在宅でのリモートワークが増えてきた昨今、料理をする機会も増えたのではないかと思います。
今回はそんな料理と切っても切れない包丁のお話です。

 

 

ひとくちに包丁といっても和包丁に洋包丁、鋼にステンレス、牛刀・柳刃・出刃など
様々な要素の組み合わせによってどんな包丁になるかが決まっています。
その中でも家庭用のメイン包丁に焦点をあててみたいと思います。

 

 

まず素材はほぼステンレス一択となるでしょう。
錆びにくさ、砥ぎやすさといったメンテナンスと切れ味のバランスを考えると
ステンレス以外の選択肢はほぼ消えることとなるでしょう。

 

 

次に種類と刃渡りですが、牛刀・三徳・ペティの160~200mmあたり
好みとキッチンの広さによって選択すれば
たいていの食材は調理することができるでしょう。

 

 

それからブレードの素材については広く普及しているVG10クラスのものであれば
きちんと刃付けをしていれば切れないこともないでしょう。

 

 

その他にも口金の造りだとかフルタングになっているかどうかだとか
ブレードと柄が一体化しているかどうかだとか刃の角度だとか
細かい部分の違いはありますが、あとは好みで決めても良いでしょう。

 

 

色々と書いてきましたが、どんな包丁であっても最もよく切れる包丁は
砥ぎたての包丁なのでよく切れる包丁を求めるのであれば
砥ぎをできるようになるのが一番の近道となるでしょう。

 

 

最後に個人的に使っている包丁を載せておきます。
参考になれば幸いです。

 

 

酔心180mm牛刀INOX

 

関孫六 10000CL 三徳包丁

 

 

 

 

他のブログ

PAGE TOP